<ul id="js-news" class="js-hidden">
<li>5/23~24に開催されるBICYCLE CITY EXPO 2019にSTROKEカーゴバイク4号機が出展されます</li>
<li class="news-item">新オフィス!引っ越しました・・・横浜市港北区新横浜3-1-4プラスタリアビル502</li>
<li class="news-item">画面左下で…エンビジョンのTwitterも更新中!</li>
</ul>

共有:

Official Website

© envision_inc.  エンビジョン株式会社のブログ All rights reserved.

おすすめスポット石川県編

20194/26

プロダクトデザイナーが選ぶおすすめスポット、大型連休はココ行こう2019~石川でアイデアの源流をたどる!

こんにちは。プロダクトデザイン会社のエンビジョンです!
もうすぐゴールデンウィーク。エンビジョン社内もお休みムードが立ち込めてきました。
このデザイナーおすすめスポットシリーズもついに第3弾までやって来ました!

【第1弾】山口では島と工場を見ろ!
【第2弾】心に響く熊本の石めぐり

このシリーズはエンビジョンのデザイナーに「デザイン」「アート」「感性に響く」地元のおススメスポットを聞いています。

第3弾は石川県金沢市出身のリードデザイナーのダイゴさんに石川県のおすすめスポットを選んでもらいました!
「石川県で、デザインやアートでおすすめできる所?ウーン・・・金沢21世紀美術館とか・・・そんな答えじゃダメなんでしょう?」
ハイ!その通りです(笑)
(もちろん金沢21世紀美術館もとても素敵な美術館です!)

※おススメ情報を元に各所をご紹介されているHPからリンクを貼らせていただいております。ありがとうございます!

1.柳宗理デザイン研究所

2014年に金沢市内に設立された美術館。
柳宗理のプロダクトの他にも、ダイゴさんも卒業した金沢美術工芸大学の学生作品も展示されています。
柳宗理は約50年にわたり金沢美術工芸大学で教鞭をとられており、ダイゴさんも在学時には講義を受けていたそうです。
時には「汚い物を作るくらいなら、お前らデザイナーになんかなるな!」と言う厳しい言葉も飛び交ったとか!

「 柳宗理記念デザイン研究所 」 @ 金沢 尾張町 – 俺の明日はどっちだ

50歳を迎えてなお、クルマ、映画、小説、コンサート、酒、興味は尽きない。そんな日常をほぼ日替わりで描写

柳宗理記念デザイン研究所 | 金沢美術工芸大学

柳宗理記念デザイン研究所 | 金沢美術工芸大学

2.日本三大銘菓の長生殿

日本三大銘菓のひとつとして数えられている落雁菓子。
加賀藩3代藩主前田利常の命により七夕のために作られた由緒ある和菓子で、徳川家にも献上されたそうです。
お上品な味わいも然ることながら、ダイゴさんのおすすめポイントは
「表面に彫り込まれた”長生殿”の文字が、重ねた時にも欠けないようにネガが取られている」ことだそうです。
よく見ると・・・ネガってますねぇ。(文字と文字が彫られている面が平らではなく緩やかに凹んでいる)
プロダクトデザイナーってお菓子を食べる時もそんな事考えているんですか!!

長生殿 (菓子) – Wikipedia

null

3.輪島の御陣乗太鼓

お次は石川県の先っぽ、能登半島のおすすめは御陣乗太鼓。
面を被った打ち手が代わる代わる太鼓を打ち叩くパフォーマンスは、見ていて気持ちが湧きあがります。
御陣乗太鼓の由来を紐解くと・・・

天正4年(西暦1576年)、現在の珠洲市三崎町に上陸した上杉勢は、各地を平定し天正5年、破竹の勢いで名舟村へ押し寄せてきた。武器らしいものがない村人達は、鍬や鎌まで持ち出して上杉勢を迎撃する準備を進めたが、あまりにも無力であることは明白であった。しかし郷土防衛の一念に燃え立った村人達は、村の知恵者といわれる古老の指図に従い、樹の皮で仮面を作り、海藻を頭髪とし、太鼓を打ち鳴らしながら寝静まる上杉勢に夜襲をかけた。上杉勢は思いもよらぬ陣太鼓と奇怪きわまる怪物の夜襲に驚愕し、戦わずして退散したと伝えられている。
~御陣乗太鼓保存会事務局 ホームページより

武器もない中、知恵を絞って戦うことなく土地を守る。
まさにアイデアの勝利。こう言った発想力はデザイナーとしても見習いたいですね。

おばあさんが輪島に住んでいたこともあり、小さなころから御陣乗太鼓を見て来たそうです。
どのお面も個性的ですが、中でも幼いダイゴさんが恐れていたお面がコチラ。怖い・・・!!

null

null

4.自動車博物館とトイレ

小松市にある自動車博物館は常時500台の自動車が所狭しと展示されています。

一度行ってみたかった日本自動車博物館 (小松) – 旅行のクチコミサイト フォートラベル

小松での温泉大好き!さんの旅行記です。

珍しいクラシックカーも揃っているので、自動車マニアなら一度は訪れてみたいところですが、ダイゴさんのおすすめは・・・なんとトイレ!
こちらでは世界のトイレもコレクションしており、実際に使うこともできるそう。
自動車にあまり興味のないお客さま(自動車好きには男性が多いので、同行の彼女や家族など)にも楽しんでもらうために考えられたそうです。
車とトイレ・・・一見、結びつかないこの発想力に脱帽です。
ちなみにダイゴさんのおすすめはスウェーデンのトイレだそうです。

小松市の「日本自動車博物館」でトイレばかり撮ってしまった – 初心の趣

小松市にある自動車の博物館 石川県の 小松市 には「日本自動車博物館」というものがある。 もともとは 富山県の 小矢部市 にあったものだ。 1978年の11月に日本初の自動車博物館として、北陸の実業家「前田彰三」氏(初代館長)が 小矢部市に誕生させ、1995年に現在の石川県 小松市 に移転している。 その名の通り、「自動車」の博物館だ。


いかがでしたか?
人々の生活を助けたり、楽しませたりさせるアイデア。
私たちデザイナーたちはいろんな形でアイデアを発揮して、みなさまの生活をハッピーにしていきます!

エンビジョンの中でも、アミューズメントデザインや自動車デザインでアイデア豊富なダイゴさんは、クライアントのプロジェクトだけではなくエンビジョンHPのイラストレーションも手掛けるなど幅広く活躍しています。
また、ダイゴさんが連載中のエンビジョンの愉快な仲間たちはHPで楽しめます。
ぜひ読んでください!

愉快な仲間たち1_新人の試練 | エンビジョン株式会社 | ENVISION INCORPORATED

null

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る