<ul id="js-news" class="js-hidden">
<li class="news-item">新オフィス!引っ越しました・・・横浜市港北区新横浜3-1-4プラスタリアビル502</li>
<li class="news-item">画面左下で…エンビジョンのFacebook、Twitterも更新中!</li>
</ul>

共有:

© envision_inc.  エンビジョン株式会社のブログ All rights reserved.

20188/22

Airbnbでアメリカに行ってきた!(体験編)

先月に定年退職された志満津部長のアメリカAirbnb旅行。
前回に引き続き、今回は体験編を寄稿していただきました。
旅も素敵だけど、ホスト達の生活も素敵過ぎです!

 

さて、いよいよ実際に利用してみての感想も含めた体験編です。

この旅行ではアメリカの5都市を回りましたが、それぞれの都市間は国内線による飛行機にて移動、そしてそのうち4都市ではレンタカーを借り、一か所(ノースカロライナ州ラーリー)だけはダウンタウンまで徒歩で行けるところだったのでレンタカーは借りませんでした。
どうしても歩いて行けないところは、Uberを利用しました。
このUberとは、アメリカで始まった格安タクシー(一般の人が自分の車で営業)のことで、スマホのアプリで呼ぶことができて支払いもクレジット。
しかもタクシーよりもかなり安いので本当に便利でした。日本で普及しないのは残念です。

 

今回滞在したホストの家々の外観とベッドルームなどの室内写真です。どの家も本当に素敵ですね。
この様な部屋でもホテルに比べると格安に泊まることが出来るのがうれしいです。

ところで家の鍵のことですが、大きく分けて三種類あります。
1:扉横の機械に暗証番号を入れると自動的にドアのロックが解除されるタイプ
2:合鍵(通常の金属鍵)が扉の近くのロック付きキーボックスに入っているので、到着時にその合鍵を勝手に取り出して使うタイプ。
3:到着時、ホストが手渡しで合鍵(通常の金属鍵)を渡してくれる方法

どの方式も経験しましたが、どれも特に問題ありませんでした。もちろん合鍵の場合はチェックアウト時に忘れずに返却しなければなりません。

 

こちらはホストファミリーとしてお世話になった方々。
Airbnbにはこのようにホスト(家主)が住んでいる家の一室を貸すパターンと空きアパート、マンションを貸す、あるいは一軒家を丸ごと貸すパターンなどいろいろです。
私はアメリカをより知る上でもホストとのコミュニケーションを取りたいと考えていたので、ホストが住んでいてその家の一室を貸しているところを選びました。

 

そして人間だけでなくこんな連中とも仲良くなりました。
私が滞在した家の5軒中4軒は犬か猫の動物を室内で飼っていました。
かなりの確率!ペット情報もAirbnbのホスト紹介ページに載っているので、動物アレルギーのある人は予約前に要チェック。
ちなみにアメリカの場合、Airbnbのホストの家では屋外、屋内を問わず、タバコはほぼ吸えないと思った方が良いでしょう。

 

基本的に食事は付かないのですが朝食のみ、コーヒー、パン、シリアルなどは用意しておくので好きに食べていいよというルールの家庭が多かったです。
また、キッチンは料理するなら自由に使えるところもあれば、使用料がかかるところなどいろいろです。
ちなみにこの画像はナッシュビルのホストのキッチンですが毎朝、シリアル、パンなど好きなものを選べるように机に置いておいてくれました。

 

キッチンを使わせていただき私が日本のカレーを作り、ホストと一緒に会食することもありました。
料理を通してより親しくなり、お互いの文化を理解することが出来ました。

何の変哲もない普通のカレーが、左下の画像のように素敵なダイニングと食器でかなりオシャレな夕食に早変わり。
このカレーは各ホストの家で作りましたが、大量に作っても一晩でなくなってしまうくらいいつも好評でした。

 

ホストが自分たちの友達や親戚と集まって食事するような時などは、「一緒にどうですか」と招待されて楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
この様に現地の人との交流もホテル滞在では体験できないAirbnbの一つのメリットと言えるでしょう。

 

ここは滞在していたテネシー州の北に位置するケンタッキー州にあるコルベット博物館
ここはホストに「クルマが好きならこんなところがあるよ」と教えていただいた車で一時間くらいのところにある博物館です。
コルベットの歴史や実車の試乗も出来るユニークな博物館でした。
この話を聞くまではケンタッキー州がテネシー州の隣だということも知らなかったですし、コルベット博物館の存在すら知りませんでした。
やはり地元のことは地元に住んでいる人に聞くのが一番ですね。

 

Airbnbがホテルに比べてすべての点で優れているということではありませんが、いろいろと良いところが沢山あるということをお分かりいただけたでしょうか。
もちろん外国で利用するときの言葉の問題や本当に安全?、ホテルのようにプライベートな空間や時間は?などいろいろと疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。
ただ、私のように百聞は一見に如かずとチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る