<ul id="js-news" class="js-hidden">
<li class="news-item"><a href="http://e-v.jp/wp/archives/5267">【ブログアップ】丁寧なデザインは、デザイナーが使っているペンをご紹介</a></li>
<li class="news-item"><a href="http://e-v.jp/wp/archives/5385" target="_blank" rel="noopener">【ブログアップ】行ってきましたGORUCK・イベント編</a></li>
<li class="news-item"><a href="http://e-v.jp/wp/archives/5228" target="_blank" rel="noopener">【ブログアップ】行ってきましたGO RUCK・準備編</a></li>
<li class="news-item">デザインビギナー必見!新シリーズ「丁寧なデザイン」始まります。</li>
<li class="news-item">画面左下で…エンビジョンのFacebook、Twitterも更新中!</li>
</ul>

共有:

© envision_inc.  エンビジョン株式会社のブログ All rights reserved.

行ってきましたGPRUCK準備編

20168/31

行ってきましたGORUCK【準備編】

hassy_orderこんにちは。ハッシーです。
今回もエンビジョンの一部で熱狂的に流行っているingressネタの続きです。(ポケモンGoより流行っているかも・・・?)

 

前回までのあらすじ
100個のミッションを集めると言う条件をクリアし、めでたく先輩たちのカンパを受けアノマリー東北に参加できたホシオ君。

13729135_1747991905441625_7958250623341243846_n
ですが、2つ目の条件であるブログ投稿を本人曰く“ついうっかり”忘れてしまい、ペナルティとして7月に行われたアノマリー東京の関連イベントGORUCK Stealthに参加する事になってしまいました。
Exif_JPEG_PICTURE
9kgのウェイトを背負いながら深夜の東京をトレーニングしながらウロウロすると言うガチなイベントGORUCK ステルス。
またもやクリアを条件にカンパを貰ったようです。

今回はちゃんとクリアできたのかな?ホシオ君!


hoshio_1

どうもホシオです。今回も報告をうっかり忘れるところでしたが、、、

いってきましたイージスノヴァGO RUCKステルス!遅ればせながらその模様を記憶をたぐりながらお伝えいたします。


まず最初は事前準備の説明から!!

知り合いのエージェントから過去のゴーラックの活動情報と必要装備のリストを入手に成功。
あらためてゴーラックの過酷さを再認識&必要装備の多さに驚愕。

この時点ですでにイベント3日前。やばい、、、いまいち気合が入らず何も準備していない!急いで装備集めに入る。
GORUCK12

↑以上が必要なものリスト。重要度Sの必須荷物を忘れた場合、チームに厳しいペナルティがあるらしい、、、

急いで集めなければと世界最大の通販サイトで物色。

GORUCK25

↑こちらが購入したもの。過酷なイベントに参加するくせに、膝や腰が心配なためサポーターも追加で購入w

しかしさすが世界最大の通販サイト。ほぼ即日で届きました。

 

GORUCK1

 

↑こちらは必須装備かつ最重要装備である重り。なんと知り合いのエージェントが作ったお手製!かなりのクオリティーかつ見た目以上にずっしりくるw

その重さは約9kg。これを12時間かばんに入れて歩くのか、、、

 

GORUCK2
ともかくこれでばっちり!かかってこいやゴーラック!!!


このままゴーラックに突入!と思いきや

ハウエバー、ここで問題が。7/15、つまり当日に急な日帰り出張に行かなければならないことに!!
なんということでしょう、、、
イベント開始は9時にお台場潮風公園。出張場所は長野。


うん、間に合う気がしない。

もう一度言いましょう。

間に合う気がしない!

しかしぎりぎり間に合うかもしれないという希望を胸に、朝6時に家を出発。家に戻る時間はなさそうなのでゴーラックの重装備のまま朝の通勤ラッシュに挑みました。

長野ではゴーラックのハングアウトを眺め、現場の状況を確認。
この日関東はあいにくの雨模様でゴーラックの開催が危ぶまれていましたが、長野は素晴らしいくらいの晴天!

GORUCK14
なんだこの陽気は!もうなんかどうでもよくなってきたw
だがこのままではゴーラックに注ぎ込んだ資金と情熱が無駄になってしまう。なんとしても戻らねば。

 

ようやく業務が終わり、事情を知った齊藤さんが「大変だね!ハハハ!!」と笑顔で車を飛ばし八王子まで送ってくれた


saito_1
同じく長野出張に行っていたホシオの上司。

いつもさわやかな笑顔のクールガイ。

 


八王子に到着。時計は夜8時を指そうとしていた。そのまま電車に飛び乗る。果たして間に合うか!?

第二部に続く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る