<ul id="js-news" class="js-hidden">
<li>エンビジョンでは誠に勝手ながら2019年8月9日(土)~2019年8月18日(日)を夏季休業とさせていただきます。</li>
<li>エンビジョンのインハウスプロジェクト、STROKEカーゴバイク4号機が完成しました!</li>
<li class="news-item">新オフィス!引っ越しました・・・横浜市港北区新横浜3-1-4プラスタリアビル502</li>
<li class="news-item">画面左下で…エンビジョンのTwitterも更新中!</li>
</ul>

共有:

Official Website

© envision_inc.  エンビジョン株式会社のブログ All rights reserved.

20152/5

テクニカルショー ヨコハマ2015速報! 

hasako_1

プロダクト・デザイン・マネージャーのハサコです。

節分の豆を食べ過ぎて、いささか胸焼け気味です。髪もまだ切れていません。

テクニカルショーヨコハマ2015〔2015 / 2 / 4(水)5(木)6(金)〕に、行ってきました。

http://www.tech-yokohama.jp/tech2015/

 001

いろんなショーがありますが、このような技術展示などは、最新の製造技術に触れられるので、工業デザインに携わる者としては、見逃せません。最先端の技術情報を仕入れに行くのも目的ですが、我々工業デザイナーは、常にパートナーとしてものづくりを進めていただける会社さんを探しているのです。そういう意味で、今回のショーもいろんな出会いがありました。日頃お付き合いのある会社さんや、今回初めてお話を伺った会社さん。実際にいろいろ話を伺うと、各社それぞれのアイデアや想いなどをお持ちなので、ついつい話に集中してしまい、後になって「あれ?写真撮れてない?」ってことになる訳です。申し訳ない。

でも、今回初めてお話を伺った、ソフィックスさんのブースでは、かなりキャッチーなモノを3Dスキャナーのデモに使用されていたので、忘れずに画像を取らせていただきました。もちろんご許可を頂いた上での撮影です。

002

人の興味を引くには、「なんだろう?」っと近づきたくなる仕掛けが必要です。その意味で、ソフィックスさんのターンテーブル上で回る埴輪とレーザー光線の組み合わせは、不思議な世界を垣間見たようで、ぐっと惹きつけられました。

004

スキャン!

005

スキャン!006

スキャン!

003b

ターンテーブルで回る埴輪(対象物)をレーザーをあてて、カメラで撮影します。
007

STLデータに変換されて、CAD上ではこんな感じに。
008

さらにそれを3Dプリンターで出力されたものがコレ。

3Dスキャナーといえば、エンビジョンにとって馴染み深いのは、自動車ような大きいものを測定するATOSなどの大掛かりなものをでしたが、こちらはかなり小型のものならばサクサクスキャンできるようで、お値段もお手ごろ。使い方によっては可能性の広がるスキャナーだと思います。画像のスキャナーは、スキャンする対象物を回転させる方式ですが、対象物を固定してレーザーを移動させる方式や、サイズなどニーズに合わせていろいろシステムが組めるようです。

ソフィックスさんは、他にも様々なソリューションをお持ちの会社さんで、しかもエンビジョンと同じ新横浜に本社を構えられているそうです。そう、環状2号線を挟んで、わずか150m程の近さ。これも何かのご縁かもしれません。

http://www.sofix.co.jp/

 

では業界ではどのように3Dスキャナーが利用されているのかをまとめると、良くあるのはリバースエンジニアリング。これは日本のメーカーさんでも良く行われていることで、他社製品の分析や研究用に、他社製品をスキャンして3Dデータ化し分析したりしています。当然製品の分解などでくまなく分析されてしまいますが、3Dデータ化することで、CAD上での検証などが行えるので、3Dスキャンするようです。リバースエンジニアリングは、製品の機能や性能を向上させるために有効な手法でありますが、そのデータを特許や意匠権などの知的財産権を無視して複製に使うことは、NGです。開発に携わる企業や開発者としては常識でありますが、それが守られないで複製などしている国があるので、そこが何かと問題になっているわけです。

それから伺った話ですが、例え自社製品の過去のものを何かしらの理由で3Dデータ化しなければならない場合、昔の製品だと、そもそもCADデータが存在していなかったり、当時担当していた方が退職されたりで情報が無く、先ずは製品をスキャンすることもあるそうです。なるほどです。確かに十数年前のあるプロジェクトで、そんなことがあったことを思い出しました。

そして、なるほどと思わせる使い方は、NC加工する時の固定冶具をスキャンして3Dデータ化し、NC加工時のカッターの動きを予めCAD上で確認することもあるそうです。3Dデータと手加工の間を取り持つのが、3Dスキャンなのかもしれませんね。あとは、製品の外観検査などにも使われたりもするそうで、アイデア次第でいろんな使い道がありそうです。

 

先ほどテクニカルショーで資料を整理していたのですが、どこかの会社さんからの粗品が入っていました。ちょうどこんなシンプルなものが欲しかったので喜んでいます!しかし、特に社名などが入っていないので、はて、どちらから頂いたものか。。。。

009
資料をいただいておきながら誠に恐縮ですが、展示会では資料を沢山もらうので一つの袋にまとめがちなので、その際に他の資料とまぎれてしまったのです。お心当たりのある方、ご連絡ください!

そしてエンビジョンは、いつでもデザインとものづくりで世の中を楽しくする、パートナーを募集しています! なにか楽しいことを実現しましょう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る