<ul id="js-news" class="js-hidden">
<li>エンビジョンでは誠に勝手ながら2019年8月9日(土)~2019年8月18日(日)を夏季休業とさせていただきます。</li>
<li>エンビジョンのインハウスプロジェクト、STROKEカーゴバイク4号機が完成しました!</li>
<li class="news-item">新オフィス!引っ越しました・・・横浜市港北区新横浜3-1-4プラスタリアビル502</li>
<li class="news-item">画面左下で…エンビジョンのTwitterも更新中!</li>
</ul>

共有:

Official Website

© envision_inc.  エンビジョン株式会社のブログ All rights reserved.

201412/15

満足のポイント

 hasako_1

プロダクト・デザイン・マネージャーのハサコです。

2014年も、あと少しでおしまいですね。

 

デザイナーとして、製品やサービスのユーザー満足度を向上させる方法を、常日頃考えて日々の生活を送っています。そこで最近、私がユーザーの立場で実感した「満足のポイント」について、検証してみたいと思います。

 

↓ブルーが美しいスカイマークのA330-300のエンジンナセル。

お台場のG的な、またはVF-25G的な。。。 a330-300_1
先日利用した、国内線の航空機の話です。スカイマークが2014年6月14日から導入を進めている機体、エアバスA330-300は、驚くほどに快適です。私はリピーターとなってしまい、羽田から福岡に移動する時には、スカイマークのA330-300を選ぶことにしています。

 

↓これがエアバスA330-300。背景中央は富士山。見えますか?a330-300_2
↓ちなみにこれは同クラスのボーイング777-200。やはり背景は富士山。見えますか?a330-300_3

 

↓そしてA330-300の快適なシートはこれ。ここは非常口前の席なので
足元の広さが分かりにくいですね。。。

 a330-300_4

 

何が「満足」かと言うと、通常よりも幅が広いシートに、拡大されたシートピッチです。パーソナル空間にゆとりがあり、おまけにオットマンも装備され、とにかく快適です。さらに、機内LANのサービス(※現在一部路線のみ)や、AC電源のソケットが付いていたりと、余計なサービスは省きつつも、「コレいるでしょ。」的な機能が充実している点が、ポイント高いです。運用しているスカイマークと製造元のエアバスに感謝です。

a330-300_5

↑実際に座ってみるとかなり広いです。

↓混んでいる機内で、あまり写真が撮れなかったので、機内誌の説明を激写。
a330-300_6

 

私が感じた満足のポイントは、「本当に必要とされている機能の進化」です。サービスや、モノを提供する側が言い出しがちな、付加価値(そこはお金かかるので変えられないから、本筋ではないけど、こんなのも便利でしょ?的な、後付機能やおまけのサービス)ではなく、ユーザーが欲していることを見抜き、その気持ちに答えてあげる、本当の利便性の向上を感じました。

誰でも情報が得やすい今の時代には、小手先の方法論など通用するわけがありません。問題解決と価値提案を実現するには、もう真っ直ぐ臨む以外ないのです!特に、高額商品やブランドを代表する商品やサービスならなおさらです。

 

「問題の本質の解決が、新しい感覚を与え、価値創造につながる。」

それは全ての商品開発につながる真理です。

 

話は元に戻りますが、そもそもスカイマークは低価格なのですが、これだけ快適でも追加料金は無しの太っ腹。国内線の1時間半ほどを過ごすにしても、この仕様は本当にありがたいです。サービスの向上と経営の効率化のバランスを取るのは、難しいことと思いますが、経営難が続いている状況を、何とか乗り切って欲しいと切に願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る