IMPACT
OF THE
FUTURE
SCROLL
すべての人をHAPPYに
Love, Imagine, Feel, Enjoy

社名である「ENVISION」には ”より良い世界を心に描く”という思いが込められています。 明解なメッセージと、それを有したデザインは優れたコミュニケーションツールです。それが身近に存在するプロダクト製品であれば、なお人々の心に訴えることができるはずです。それほどプロダクトデザインには社会に対する影響力や可能性があるのだと確信しています。刻々と変化する時代の中において、従来のプロダクトデザインの知識だけでなく、その枠にとどまらず常にアンテナを張りながら様々なジャンルの発想・手法を学び体験することで、既成概念に囚われない新たな提案を可能にします。

For us, “Envision” means not just picturing new products in our mind’s eye, it means picturing a better and brighter world through Life Changing Design.

At Envision, LIFE is our acronym for Love, Imagine, Feel, Enjoy. Human life is born out of love and its unique quality is imagination; by using our imagination to create products that appeal to the heart we can stimulate people’s feelings and make life more enjoyable for everyone who comes into contact with them.

We are convinced that product design by Envision, rooted in knowledge and tradition but with its antennae alert to new experiences and the changes occurring all around us, will have that kind of positive influence and potential for society.

すべての人をHAPPYに
It Starts With People

我々は「life changing design」という理念のもと、 「デザインの力で人々の生活より良い方向(Happy)へ変えていきたい」 そんな希望を抱きながら、デザイナーとして世の中に出来ることは何かを常に考え、明るく楽しい世界にしていきたいと思います。

Lifeとは…Love,Imagine,Feel,Enjoyと言う意味が込められています。

Envision’s number one asset is the individuality, imagination and passion for design of our staff, working together as a creative team. We cannot start designing and developing new products unless we are ready to get the best out of this vital resource.

Our organization is based on enjoying work in a competitive atmosphere and treating it as a place to grow. Impressing clients and users is our business but empathy with our fellow creators is what makes it happen. It is the foundation of innovation.

Designers, CAD modelers, clients and users – we are looking for partners to share the rewards of our creativity; thinking together, agonizing over each decision together, going through hard times together.

Come and join us at Envision.

良いデザインは、人づくりから
Profile

ENVISIONを支えるのは、”情熱を持ったクリエイター”一人ひとりの個性と想像力、そしてチームワークです。デザインやものづくりの仕事は、まずそれに携わる”人づくり”が重要です。会社では仕事を徹底的に楽しみ、競い合い、成長する場とする事で、本当のイノベーションを生み出す事ができるのだと思います。ユーザーやクライアントの方々を感動させることは当然ですが、それ以前に創り手の想いを込める事が大変重要なのです。そんな組織づくりに尽力してまいります。

共に考え、共に悩んで、共に苦労して、そして共に喜べるユーザーからクライアントまで、「喜びを共感できる」パートナーでありたい。

今後ともエンビジョンをどうぞ宜しくお願い致します。

President Harry Uden
London

1987 Royal College of Art / M.Des.Vehicle Design
1987 Ford Motor Company Ltd,
1988 Design Club International Inc.
2006 Apsys Incorporated
2009 Envision Incorporated

Profile

代表取締役 ハリー・ユーデン (ロンドン出身)

1987 ロイヤル・カレッジ・オブ・アート自動車デザイン科卒業
           Master of Design取得
1987 フォード・イギリス
1988 株式会社デザインクラブインターナショナル
2006 アプシス株式会社
2009 エンビジョン株式会社
About Envision
About Envision
準備中
Under Construction
Profile

専務取締役/ デザインディレクター 川口 満朗 (東京出身)

「人は見たいと思う現実しか見ない(自分への戒めとして)」

1984 多摩美術大学デザイン科立体デザイン専攻卒業
1984 セイコーエプソン株式会社
1989 株式会社デザインクラブインターナショナル
2006 アプシス株式会社
2009 エンビジョン株式会社

Managing Director Mitsuro Kawaguchi
Tokyo

1984 Tama Art University
1984 Seiko Epson Corporation
1989 Design Club International Inc.
2006 Apsys Incorporated
2009 Envision Incorporated
求められる柔軟なアプローチ
Above All, Adaptability

いま、プロダクトデザインという枠組みが大きく変わろうとしています。個人が3Dプリンターを持ち、自分の思い描いた形を現実のものに出来たりしています。プロダクトデザインを勉強してきた人でなくても誰でも立体物を作れてしまうのです。さまざまな分野からいろいろなバックグラウンドの人たちがこの分野に入って来ることが可能な時代です。

むしろそのような人たちの方が経験や知識がない分、発想にブレーキがかからずより斬新なアイデアが出る場合もあります。ですから、逆にプロダクトデザインをやってきた私たちはプロダクトデザインという枠にとらわれずより多くの情報を柔軟に取り入れ、またそれを自分たちのデザインに活かしていかなくてはなりません。

Like all areas of life and business, product design is going through radical changes. Now anybody with CAD software and a 3D printer can turn their ideas into physical objects, and what was always a field reserved for product design specialists is accessible to people from all walks of life.

Sometimes a lack of experience and knowledge of product design can even free up creativity and lead to more innovative ideas. That’s why, as product designers, we can no longer let ourselves be limited by convention; we must open our minds to new information and let it change the way we design.

グローバルな視点でのデザイン
Design From a Global Perspective

現在、エンビジョンは海外のパートナー企業との業務を行っています。直接その国の言葉を話たり理解できなくても、デザインという言語は世界共通です。外国製品のデザインをすることはその国の文化を知ることから始まりマーケットも理解していくことにも繋がります。また、外国のパートナーとの協業は日本や自分たちを別の角度や外から見ることが出来るよい機会です。

私たちは日本で日本の仕事をしているだけでは自分たちの目指すことが出来ないと考えています。このデザインというコミュニケーションツールを駆使すれば、どこの国ででもエンビジョンの理念「Life Changing Design」「人々の生活をより良い方向へ変えていきたい」を実現できると確信しています。

Design is a universal tool for communication, transcending written or spoken language, and Envision has consistently worked with overseas corporations as partners in developing new products. Designing products for other countries opens us up to different cultures and leads to a better understanding of their market needs; our partners even act as a mirror for us to see both ourselves and Japan from a new perspective.

I think it is not possible for us to achieve all of our ambitions by designing products only for Japan exclusively in Japan. To realize our philosophy of “Life Changing Design” we must make full use of design’s potential to communicate with people all over the world.

なぜ、オリジナルブランド?
Why an Original Brand?

2012年に私たちはエンビジョンのオリジナルブランド「Daga」を立ち上げていますが、これは自分たちが欲しいものをデザインして作りたいとの思いからスタートしています。「Urban Field Gear」をコンセプトとし、ものの新しい価値観を提案しています。

この事業ではデザインの価値をお金に変えることの難しさ、とりわけ製造コストや販売ルートなどを経験していますが、やはり人と人との繋がりの重要性を痛感しました。自分たちは小さな組織ですがこのようなことに賛同し、協力してくれる仲間やネットワークが非常に重要なのです。

In 2012 we launched our original brand, Daga, with the idea of designing and making products we want to use ourselves. Its tagline is Urban Field Gear, tough products for city life.

With Daga we have experienced creating a product business from the value of design itself and, more especially, had to face up to the cost of manufacturing and the effort needed to set up a sales network. All this has made us more aware than ever of the importance of person-to-person connections; for a small company like Envision, the support and cooperation of our friends and partner companies is vital.

なぜ、オリジナルブランド?
Why an Original Brand?

また、なぜ私たちのようなデザイン会社がこのような形でオリジナルブランドを作っているかというもう一つの理由は、近年目まぐるしく変わるモノづくりやマーケットの現場に入り込み、このシステムに対応する必要性を感じているからです。いろいろな意味でモノづくりのインフラ自体が大きく変わっているのです。

そして今ではこの「Daga」で経験したことがお客様のプロジェクトにも活かされています。

Another result of the Daga project is that it has brought us closer to the ever-accelerating changes in manufacturing infrastructure and the market, so we can feel this energy and respond to its needs faster than ever.

The lessons from these experiences don’t only help us improve Daga products, they also translate directly to our work for our clients.

Profile

デザインディレクター 志満津 嘉寿 (東京出身)

「忘れてはいけない3つの「C」: Creation,Challenge,Change」

1982 アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン卒業
1982 株式会社本田技研研究所
1988 株式会社デザインクラブインターナショナル
1999 株式会社シバックス
2007 アプシス株式会社
2009 エンビジョン株式会社

Design Director Yoshihisa Shimazu
Tokyo

1982 Art Center College of Design
1982 Honda Motor Co., Ltd.
1988 Design Club International Inc.
1999 Sivax Inc.
2007 Apsys Incorporated
2009 Envision Incorporated
パチンコ・パチスロデザイン開発
Amusemento Design

パチンコデザイン・スロットデザインを中心とするアミューズメント機器のプロダクトデザインを主な業務としております。
また、光って動くプレゼンテーション用モデル製作、製品設計の開発も手掛けております。

自動車デザイン開発
Automotive Design

自動車を始め車両関係全般のデザイン業務を承ります。
コンセプト段階のアイデア提案からクレイモデルのフォロー、最終量産フォローなど、企画・ディレクション・デザインすべての工程に対応可能です。

プロダクトデザイン開発
Product Design

生活に身近な製品から産業機器まで、あらゆる工業製品のデザインを承ります。美しく、使い勝手や構造まで熟考された、対象ユーザーが心地よく楽しく使えるデザインを提案します。

3Dデータ支援業務
3D Cad Modeling

Alias,CatiaV5を用いた3D意匠データの作成業務を承ります。
イメージ確認のためのラフなデータから、各種設計要件を盛り込んだ高品質な製品データまで幅広く対応しています。
プレゼンテーションのためのレンダリングや、アニメーションの制作もご相談ください。

CATIA, ALIAS, RHINOCEROS, MAYA

商品企画及び企業CI等のコンサルタント事業
Planning

ブランド戦略構築から商品企画、ビジュアルデザイン、CI計画、広報活動など幅広くディレクション可能です。
ブランドイメージを高める戦略と行動をトータルでサポートいたします。

Product Planning, Design marketing research, Corporate image Branding, Design consulting

オリジナルデザイン商品の開発・販売
Original Brand

FUNCTIONAL AESTHETICS ARE AT THE CORE OF DESIGN. プロダクトデザイナー自身が一人のユーザーとして「好き嫌いで決める」、「いつも傍らに置いておきたい」そんなワガママ・コダワリに答える「魅力に溢れた製品が欲しい」を具現化したオリジナルブランド「Daga」の商品開発。 www.da-ga.com

“Functional aesthetics are at the core of design.” Daga “URBAN FIELD GEAR” is a collection of stripped down, functional tools for living and working. Not designed to have universal appeal or be the most convenient to use, they express our independent ideas about industrial products, reduced to the basics and even discarding some features usually thought to be essential. www.da-ga.com